コラム

第三者認証「CLIPマーク」と「プライバシーマーク」の違いとは?


IT分野に関連した第三者認証制度は数多くありますが、その中でも知られたものに「CLIPマーク」と「プライバシーマーク」があります。いずれも、公平・公正な第三者機関によって、情報の取り扱いなどの審査が行われるものです。しかし、これら2つの第三者認証制度には具体的にどういった違いがあるのでしょうか。

まずは、ここで「CLIPマーク」と「プライバシーマーク」について、それぞれがどういった制度なのかを簡単におさらいしておきましょう。

CLIPマークとプライバシーマークの特徴

CLIPマーク

事業者が個人情報を正しく管理・活用しているということを、外部の第三者からなる認定個人情報保護団体である「中小企業個人情報セキュリティ推進協会」が審査・認定を行う制度です。この認証を取得することで、企業や組織は、個人情報を正しく扱い管理する体制が構築されており、問題のない運用がされていると証明してもらうことができます。

プライバシーマーク

プライバシーマークは、個人情報を扱う企業が日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に基づいて、「一般財団法人 日本情報経済社会推進協会」が個人情報を適切に扱うための体制を構築していることを認証するものです。この認証を取得することで、社員に個人情報保護の意識を高めてもらうと同時に、消費者や取引先に対するイメージアップにもつながります。

CLIPマークとプライバシーマークの違い

これらの違いを改めて表にして整理すると、以下のようになります。

認証制度 CLIPマーク プライバシーマーク
審査基準 「中小企業個人情報セキュリティ推進協会」の基準 JIS Q 15001
保護対象 事業者が扱う個人情報全般 個人情報全般
対外効果 企業・消費者にアピール 消費者にアピール

この表を元に、改めて「CLIPマーク」と「プライバシーマーク」の違いについて考えて見ましょう。「CLIPマーク」と「プライバシーマーク」の違いは以下のようになります。

審査基準が違う

まず、当然ですが審査する第三者機関が「CLIPマーク」は「中小企業個人情報セキュリティ推進協会」、「プライバシーマーク」は「一般財団法人 日本情報経済社会推進協会」と異なっています。そして、実際の審査する際の基準も「CLIPマーク」は「中小企業個人情報セキュリティ推進協会」が定める基準に基づいて審査するのに対して、「プライバシーマーク」では、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に基づいているなど、審査する基準が変わってきます。

アピールする対象が少し違う

もう一つの大きな違いは「アピールする対象」、つまりどういった相手をアピールする対象として想定しているかです。「CLIPマーク」が「取引先の企業」と「一般消費者」の両方を同じようにターゲットとして想定しているのに対して、「プライバシーマーク」では、企業もターゲットにはなりますが、主として一般消費者に対して企業やWebサイトの信頼性や安全性をアピールするものとなっています。

このように、「CLIPマーク」と「プライバシーマーク」では、審査や認証に使われる基準は、当然審査する第三者機関が違うために変わってきますが、アピールする対象が違うという特徴があります。このため、「プライバシーマーク」では、消費者の目により届くところに使われることが想定されます。例えばホームページなどがその良い例です。

「プライバシーマーク」が消費者にとって目につくところに表記されることが望ましいと説明しましたが、改めていったいどういった箇所が挙げられるでしょうか。

  • 企業のホームページ
  • インターネットショッピングのサイト
  • 会員サイト等
  • 企業が運用するオウンドメディアサイト
  • 企業の商品

こうやって見ていくと、商品やホームページなど消費者にとって身近に触れることができるものばかりであることがわかります。例えば商品は店頭などで目にすることができますし、インターネットショッピングのサイトはネット通販などを利用するのであれば必ず訪れて目にするものです。こういったところで「プライバシーマーク」のようなものが表記されていると消費者にとっては、その企業が個人情報の取り扱いには気をつけており、第三者機関によって一定レベル以上の水準に達していることが認定されているということで安心して商品を使ったり購入したりすることができます。

まとめ

「CLIPマーク」は企業と消費者を主な対象としており、「プライバシーマーク」は主に一般消費者をターゲットとしていると説明しましたが、企業を対象とする場合と異なり、一般消費者に対してアピールするのは、「認証を受けている」「安全である」「信頼できる」などといった情報を伝えるのは非常に難しい面があります。そういったところにも「CLIPマーク」と「プライバシーマーク」との違いがあると言えるでしょう。