CLIPマーク認証制度


個人情報保護法が改正

  • 顧客情報の取扱いに関する法令である「改正個人情報保護法」が2017年5月30日より施行
  • 顧客情報の安全性確保のため、すべての事業者(含む、個人事業主)には法令順守が義務付けられました
  • 法令違反には厳しい罰則が課せられるため、適切な法令対策が必要です

法令対策

法令順守の義務 経営者は法令順守を実施させ、その状況を毎年確認しなければなりません

  1. 適切に個人情報を取り扱うため法令順守した社内規程を作成
  2. 社内規程に基づき掲示物や様式等を作成し、社内に準備
  3. 社内規程を守るため職員の教育や監督委託先の監督を実施
  4. 職員・委託先の社内規程実施状況を点検し、必要によりルールを見直す

(上記の法令対策は、初年度だけでなく、継続して毎年行うことが要求されています)

上記により、経済産業省認定個人情報保護団体「中小企業個人情報セキュリティー推進協会(SP2)」が第三者認証CLIPマークを運営開始

CLIPマーク認証制度

SP2が下記の三つの認証制度によって、法令順守を支援します

① 表示認証制度 : ホームページで顧客に対して公表することが義務付けられている事項が表示されていることを証明
② 会員認証制度 : 個人情報保護法に従ってビジネスをしていることを自ら点検し、自己宣言していることを証明
③ 適合認証制度 : 個人情報保護法に従ってビジネスをしていることを、当社団が客観的に確認できていることを証明